MKCRフォーラム ワークショップ 学術交流フォーラム
MKCRフォーラム 2004年度〕〔2005年度〕〔2006年度〕〔2007年度〕〔2008年度
ワークショップ 第1回 第2回
国際学術交流フォーラム 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回
〔2008〕
第21回MKCRフォーラム 終了しました
宗教と文学のトポス
-精神的バックボーンを支えるもの-

寺社縁起にあらわされた宗教にとっての場と、
歌枕にうかがうことができる文学にとっての場の
差異と共通項を探り、
関西圏の精神的バックボーンについて考えます。

2008年7月19日(土)
午後1時30分~3時30分
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室
開会挨拶:西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター長)

〔研究報告1〕
宇治山の喜撰と逢坂関の蝉丸
徳原茂実(武庫川女子大学教授)

〔研究報告2〕
『増賀上人行業記絵巻』は何故作られたのか
塩出雅(武庫川女子大学教授)

〔ディスカッション〕
宗教と文学のトポス
-精神的バックボーンを支えるもの-
コーディネーター:寺島修一(武庫川女子大学准教授)


topへ
第20回MKCRフォーラム 終了しました

ナイチンゲールと柳河春三
-学校がなかった時代の二人の天才の物語-


統計学者としてのナイチンゲールと
日本の近代化の先駆柳河春三という二人の天才、
洋と和の差異と共通、
時代というタテ軸と地域というヨコ軸から考えます。

2008年6月28日(土)
午後1時30分~3時30分
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室
開会挨拶:西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター長)

〔基調講演〕
ナイチンゲールは統計学者だった!
丸山健夫(武庫川女子大学教授)

〔研究発表〕
幕末から明治への蘭学者柳河春三
管宗次(武庫川女子大学教授)

〔ディスカッション〕
ナイチンゲールと柳河春三
-近代化・統計・ヨーロッパと日本-
丸山健夫/管宗次


topへ
〔2007〕
第19回MKCRフォーラム 終了しました
関西文化の形成における国際性
-その多様な展開-

関西圏の諸文化は、伝統文化を受け継ぎながら、
国際化の中で多様な外来文化を受け入れて形成されてきました。
そこには重層的で能動的な受容と葛藤、創造の営みが見出されます。
「薬」「発酵食品」「ファッション」「英学校の開設」を題材に、
関西文化の形成における国際性のあり方を明らかにします。

2008年3月8日(土)
午後1時30分~4時30分
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室
開会挨拶:西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター長)

◇発表
1. 和漢薬と新薬のハーモナイゼーション
高橋幸一(武庫川女子大学教授)/高橋京子(大阪大学准教授)

2. 関西が作り上げた発酵食品
松井徳光(武庫川女子大学教授)

3. 関西圏英学校の文化的役割
波多野和子(武庫川女子大学教授)

4. 関西におけるファション文化の形成-インタビュー調査を拠りどころとして-
平光睦子(神戸藝術工科大学非常勤講師)

◇パネルディスカッション
コーディネーター:横川公子(武庫川女子大学教授)



topへ
第18回MKCRフォーラム 終了しました
関西の伝統芸能-地域に根づく淡路人形浄瑠璃-

淡路人形浄瑠璃は、約500年前の室町時代に
西宮戎神社の百太夫という傀儡子が伝えたものといいます。
江戸時代に40数座もあり、全国を巡業して人形芝居の楽しみを届けました。
淡路人形浄瑠璃は各地に根づき、今も南あわじ市では、子供会、小中高、
社会人のグループやプロの人たちが伝統を継承し、活動しています。

2008年2月23日(土)
午後1時30分~4時
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室
開会挨拶:西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター長)

〔実演1〕
えびす舞

〔実演2〕
生写朝顔日記(いきうつしあさがおにっき)

〔講演〕
伝統芸能・淡路人形浄瑠璃の魅力
南あわじ市淡路人形浄瑠璃資料館館長 正井 良徳

〔ディスカッション〕
〈司会〉
南あわじ市教育委員会生涯学習文化振興課課長 岸上 敏之

〈パネリスト〉
淡路人形浄瑠璃青年研究会会長 木田 徹
     同           太夫 堤 初美
        同        人形遣い 本濱 まなみ


topへ
第17回MKCRフォーラム  終了しました
関西の伝統行事 ―たなばた祭の今昔―
2007年12月22日(土)
午後1時30分~4時
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室
開会挨拶:西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター長)

【発表1】
往来物にみる「七夕」の三都ものがたり
―京都・大坂・江戸―
萩原義雄(駒澤大学総合教育研究部教授)
郡千寿子(弘前大学教育学部准教授)
【発表2】
平安貴族の「たなばた祭」
増田繁夫(大阪市立大学名誉教授)
【発表3】
関西文化と旬を楽しむ―七夕―
高橋享子(武庫川女子生活環境学部教授)
【パネルディスカッション】
司会:鷲尾圭司(京都精華大学人文学部教授)

topへ
第16回MKCRフォーラム 終了しました
関西文化とコミュニケーション―つながりを楽しむ―
2007年10月20日(土)
午後1時30分~4時
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室
開会挨拶:西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター長)

【発表1】
江戸の雑俳とつながり
森田雅也(関西学院大学教授)
【発表2】
まつりとコミュニケーション
前田美也子(武庫川女子大学准教授)
【発表3】
上方落語にみるコミュニケーション術
佐竹秀雄(武庫川女子大学教授)

【パネルディスカッション】
指定討論者:濱谷英次(武庫川女子大学教授)

topへ
〔2006〕
第15回MKCRフォーラム 終了しました
日韓教育の現状と未来
2007年2月17日(土)
午後1時30分~3時50分
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室

開会挨拶:西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター長)

【発表1】
韓国の教育の現状と課題
Chung, Kwang Hee(韓国教育開発院主任研究員)
発表2】通訳つき
韓国の学校改革における校長の役割と課題
 Cho, Kyung Won(梨花女子大学校教授
【発表3
日本の教育の現状と展望
中谷彪(武庫川女子大学教授)

【パネルディスカッション】
コーディネーター:中谷彪
パネリスト:Chung, Kwang HeeCho, Kyung Won
 
指定討論者:Kim, Kyung Ja(梨花女子大学校教授)
 
Chung, Jean Gon(漢陽大学校教授)
西本望(武庫川女子大学教授)

topへ
第14回MKCRフォーラム 終了しました
フランスから見た歴史的都市の景観と建築空間構成
2007年1月19日(金)
午後1時~4時
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室

挨拶:西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター長)

趣旨説明:岡崎甚幸(武庫川女子大学生活環境学部建築学科学科長)

【講演】仏語/通訳つき
関西の都市の美的感覚―伝統的な美の原理と現在の都市建設―
Philippe A. BONNIN(〈仏〉国立科学研究センター主任研究員)
歴史都市京都の景観保存伝統と自然について
Nicolas FIEVE(〈仏〉国立科学研究センター一級研究員)

【パネルディスカッション】
歴史都市の景観と美の感性―関西文化の特性―
コーディネーター 加藤邦男(京都大学名誉教授)
パネリスト Philippe A. BONNINNicolas FIEVE

topへ
第13回MKCRフォーラム 終了しました

武庫川女子大学国文学会・関西文化研究センター共催
武庫川女子大学・韓南大学校提携記念 国際フォーラム

日韓 ことばと文化
2006年11月25日(土)
午後1時30分~4時00分
武庫川女子大学中央キャンパス
LⅡ-23教室

【第1部】
〔講演Ⅰ〕 日本常用漢字音の指導法
燦三(韓南大学校教授)
〔講演Ⅱ〕 「聖書」の翻訳からみた韓国語と日本語
安增煥(韓南大学校教授)

【第2部】
パネルディスカッション:日韓現代ことば事情
パネリスト報告:新しい表現法―ソフト化― 佐竹秀雄(武庫川女子大学教授)
コーディネーター:市川真文(武庫川女子大学教授)
パネリスト: 禹燦三/安增煥/佐竹秀雄
topへ
第12回MKCRフォーラム 終了しました

阪神間近代文化の発祥と継承
-阪神間モダニズム。その危機と救済-
1920年~30年代は、阪神間がもっとも裕福で
美しかった阪神間モダニズムの時代。
その伝統が阪神大震災で崩壊してしまった。
震災から10年、今我々が提案できることは何か。
後世に残す文化はどうあるべきなのかを考える。
2006年10月21日(土)
午後2時00分~3時30分
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室

〔パネルディスカッション〕
コーディネーター
河内 厚郎(文化プロデューサー)
パネリスト
小林 郁雄(神戸山手大学教授・建築家)
河崎 晃一(兵庫県立美術館常設展・コレクション
収集管理グループリーダー)
たつみ 都志(武庫川女子大学文学部教授)
topへ
第11回MKCRフォーラム  終了しました

18世紀のビジュアル・カルチャー
-上方浮世絵の人物表現-
2006年7月8日(土)
午後2時00分~4時30分
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室
〔発表1〕 
月岡雪鼎の描く人物像
山本ゆかり(国際浮世絵学会編集委員)

〔発表2〕 
近世大坂画壇の絵画表現-人物画を中心に-
明尾圭造(芦屋市立美術博物館学芸課長)

〔発表3〕 
「其真に似たり」-流光斎の人物表現-
矢野明子(慶応義塾大学非常勤講師)

〔パネルディスカッション〕
コーディネーター
アンドリュー・ガーストル(ロンドン大学SOAS教授)
パネリスト
山本ゆかり/明尾圭造/矢野明子
topへ
〔2005〕


MKCRフォーラム(学外開催) 終了しました
京都の伝承食材と錦市場の役割
平成17年12月13日(火)
午後2時~午後7時
会場:懐石・宿「近又」
〒604-8044 京都市中京区御幸町四条上ル
075-221-1039

4時00分~
京都錦市場の見学

5時00分~
講演:「京都の伝承食材と錦市場の役割」
京都錦市場商店街振興組合理事長  宇津 克美
「近又」総料理長 七代目 又八(鵜飼 治二)
     
6時30分~
意見交換会
「錦市場から伝承料理を考える」

コーディネーター
鷲尾 圭司(京都精華大学人文学部教授)
佐藤 健司(京都府立大学人間環境学部教授)
高橋 享子(武庫川女子大学生活環境学部助教授)


問合せ先:
高橋享子 武庫川女子大学生活環境学部食物栄養学科  



第6回MKCRフォーラム  終了しました

フォーラム・雅俗交流と創造世界
-百人一首の成立と享受-

 
2005年6月25日(土)
午後2時00分~4時30分
武庫川女子大学中央キャンパス
L2-11教室

【2時00分~2時20分】
百人一首と百人秀歌
徳原 茂実(武庫川女子大学教授)

【2時20分~2時50分】
百人一首の享受史―絵画の世界―
吉海 直人(同志社女子大学教授)

【3時00分~3時30分】
百人一首と女子教育―江戸時代往来物にみる受容の具体相―
小泉 吉永(往来物研究家)

【3時30分~4時00分】
百人一首と近代文学―抵抗体としての美意識―
加藤 孝男(東海学園大学教授)


【4時10分~4時40分】
パネルディスカッション
コーディネーター:寺島修一(武庫川女子大学助教授)
パネリスト:
徳原茂実/吉海直人/小泉吉永/加藤孝男



第7回MKCRフォーラム  終了しました

フォーラム・洋裁文化隆盛の時代
―関西ファッション史の試み―


  2005年7月2日(土)
午後1時30分~5時
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室

映画鑑賞「女の勲章」

講演1 今竹 翠(今竹建築事務所・大手前大学教授)
「今竹七郎と今竹幸子初代NDC関西支部長の思い出」

講演2 井上 雅人(京都精華大学専任講師)
「隆盛期の藤川学園と洋裁文化」

講演3 徳山 孝子(平安女学院大学非常勤講師)
「新制武庫川女子大学における裁縫教育と卒業生の思い出」

パネルディスカッション
コーディネーター:横川公子(武庫川女子大学教授)
パネリスト:
今竹 翠
井上 雅人
徳山 孝子



第8回MKCRフォーラム  終了しました

作庭の中に見る景観の思想
-学術研究交流館の庭のデザインを解説しながら-
作庭の背景にある思想を関西の文化的特性として、
また、京都の都市景観再構築の根拠として確認します。 
2005年10月22日(土)
午後2時00分~5時00分
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室

パネリスト
吉田博宣(日本大学教授 京都大学名誉教授)
尼崎博正(京都造形芸術大学教授 副学長)
岡崎甚幸(武庫川女子大学生活環境学部教授)
 
1)趣旨説明 岡崎甚幸
2)設計説明 吉田博宣
3)庭の案内 吉田博宣
4)石や樹木を選ぶ 尼崎博正
5)庭と語るために 岡崎甚幸・尼崎博正
6)質疑応答 吉田博宣・尼崎博正・岡崎甚幸




第9回MKCRフォーラム  終了しました

関西食文化の伝統と未来
-極みの技と調理革命-

千年の都の技は、現代にいかに息づいているのでしょう。
また、三都(京都・大阪・神戸)の食文化の特性と産業構造とのかかわりを考えます。
2005年11月26日(土)
午後2時00分~4時30分
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室

来聴歓迎・申込不要

一般の方も自由にご入場いただけます
〔挨拶〕西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター長)

〔講演1〕 素材の良さを生かす京料理の真髄
西岡長久(京料理「竹馬」)

〔講演2〕 三都(京都・大阪・神戸)の食文化からロハスデザインを考える
河野武平(㈱精膳代表取締役)

〔パネルディスカッション〕
コーディネーター
大杉匡弘(武庫川女子大学生活環境学部教授)
パネリスト
河野武平/西岡長久

第10回MKCRフォーラム  終了しました

アジアにおける住空間と住様式
-異文化との接点-
日中韓三国の伝統的住居形態の源流を辿るとともに、
現代の住生活様式をとおして異文化との接点を探ります。
2005年12月10日(土)
午後2時00分~4時30分
武庫川女子大学中央キャンパス
学術研究交流館1階大会議室
〔パネルディスカッション〕
コーディネーター
梁瀬度子(奈良女子大学名誉教授)
パネリスト
婭 茄(奈良女子大学大学院)
安 玉姫(嶺南大学生活科学部教授)
西村一朗(平安女学院大学生活環境学部教授)
topへ



ワークショップ
第2回ワークショップ 終了しました
2007年3月2日(金)10時~16時
会場:武庫川女子大学中央キャンパス学術交流館1階大会議室


時間 サブ・プロジェクト・タイトル サブ・リーダー
10:10-10:20 e6 関西の伝承料理と人間文化形成 高橋 享子
10:20-10:30 a1 近世メディア共同体と関西人間文化形成の相関的研究 西島 孜哉
10:30-10:40 a2 近代関西における華文出版物の研究 柴田 清継
10:40-10:50 a5 関西近郊都市の地域交流と文化形成についての研究 管 宗次
10:50-11:00 a6 関西圏におけるキリスト教の文化形成力 平林 孝裕
11:00-11:10 a10 関西文化の歴史的資料のデジタル・アーカイブ化 西島 孜哉
11:10-11:20 b3 異文化交流と関西の外来語の生成 松原 良治
11:20-11:30 b7 古代日本における書記システム-倭(関西)を中心に日本各地への発信と拡がりの中で- 毛利 正守
11:30-11:40 c2 古代・中世における関西圏の交通網と古典文学との相関性の研究 徳原 茂実
11:40-11:50 c4 俳諧文化圏としての関西 森田 雅也
11:50-12:00 c5 芸術・芸能生成の文化的土壌についての相関的研究 羽生 紀子
13:20-13:30 c9 関西の気候風土と古典文学 裵 貞烈
13:30-13:40 d1 関西圏における親子の世代間の生活規律・社会的ルール意識の位相研究 中谷 彪
13:40-13:50 d3 関西の商人文化の基盤となる起業家精神に関する実証的研究 安藤 明人
13:50-14:00 d6 関西におけるファッション(衣)文化の形成-裁縫習得及び衣服作りに関する事例発掘を通して- 横川 公子
14:00-14:10 d7 小都市・農村生活圏における伝統行事と福祉コミュニティの形成に関する研究 前田 美也子
14:10-14:20 e1 歴史的都市の景観と建築空間構成に見る関西圏の文化的特性 岡崎 甚幸
14:20-14:30 e2 関西の農業用溜池が社会・文化的多様化に果たす役割 丸山 健夫
14:30-14:40 e3 関西の味づくり-日本の食文化へのフージョン- 大杉 匡弘
14:40-14:50 e7 関西発:くすりの町・大阪和漢薬と新薬のハーモナイゼーション 高橋 幸一
14:50-15:00 e8 畳を通してみた関西における住文化の特質と変容に関する研究 佐々 尚美
15:00-15:10 e9 関西の生活文化としてのお茶 寺本 益英
15:10-15:20 b2 関西における往来物・節用集の出版と生活コミュニケーション形成に関する研究 西崎 亨
15:20-15:30 c3 上方浄瑠璃と興行の特質についての研究 阪口 弘之
15:30-15:40 e4 京うどんの変遷-うどんから京うどんへ- 土井 裕司
15:40-15:50 e5 関西の発酵食品の人間社会形成に関する歴史的考察 松井 徳光

topへ
第1回ワークショップ  終了しました
2005年3月22日(火)10時~17時
会場:武庫川女子大学中央キャンパスC-802教室


午前の部
1. 関西が造りあげた清酒
松井徳光(武庫川女子大学生活環境学部助教授)
2. 関西食文化-伝承と創造の食ビジネス-
高橋 享子(武庫川女子大学生活環境学部助教授)
3. 畳文化の歴史的背景と現代住宅における畳空間の特性-近畿地方を中心とした和室に対する意識調査-
梁瀬 度子(武庫川女子大学生活環境学部教授)
4. 関西子育て事情-関西流子育ての「ルーツ」と「いま」を探る-
本玉 元(武庫川女子大学短期大学部助教授)
5. だみ声およびプレゼンテーションの音声・映像データベース構築に向けて
藤本 憲一(武庫川女子大学生活環境学部助教授)
6. 関西と関東の自然環境-情報エントロピーからみた降雨比較-
丸山 健夫(武庫川女子大学文学部教授)
河地 利彦(京都大学大学院農学研究科教授)

午後の部
1. 関西の女子大学生の職業観と起業家精神に関する予備的調査
安藤 明人(武庫川女子大学文学部教授)
2. NDC(日本デザイナーズクラブ)の資料発掘とその整理経過について
横川 公子(武庫川女子大学生活環境学部教授)
3. 上方流コミュニケーションの分析
佐竹 秀雄(武庫川女子大学文学部教授)
4. 第1次報告:授業における関西方言の使用状況
佐藤 勝之(武庫川女子大学文学部助教授)
5. 古地名に用いられる漢字韻尾の様相
姜 鍾植(同志社大学非常勤講師)
6. 弘前市立図書館所蔵の『往来物』について
郡 千寿子(弘前大学教育学部助教授)
7. 古典文学に描かれた自然の景物に関して
水谷 隆(大阪女子短期大学幼児教育科助教授)
8. 阪神淡路大震災から10年
~これからの阪神間の街づくりへの提案~阪神間モダニズム時代の文化財を認知し、ゆるやかに生かしていくために
たつみ 都志(武庫川女子大学文学部教授)
9. 関西のメディア研究の資料について
芝田 正夫(関西学院大学社会学部教授)
10. 食文化から生まれてくる産業構造
河野 武平((株)精膳 代表取締役)
11. うどんの今と京ブランドの立ち上げ
土井 裕司(武庫川女子大学生活環境学部助教授)
川口 真規子(兵庫栄養調理製菓専門学校講師)
奥野 貴史(都製麺所副代表)
12. 京都を中心とする喫茶文化の展開と製茶技術の発展
寺本 益英(関西学院大学経済学部助教授)
13. 京都を中心とした歴史的空間構成の特性
天畠 秀秋(関西文化研究センター客員研究員)
14. 江戸時代の情報収集-西鶴作品に具体相を探る-
西島 孜哉(関西文化研究センター長)
15.江戸時代上方における草紙屋の動向-塩屋長兵衛の活動-
羽生 紀子(武庫川女子大学文学部専任講師)

topへ



国際学術交流フォーラム
第6回国際学術交流フォーラム 終了しました

東アジア三国の文化
-受容と融合-
2008年9月19日(金)・20日(土)
会場:武庫川女子大学中央キャンパス学術研究交流館1F大会議室


2008年9月19日(金)10:00-17:00
挨拶 10:00-10:25
糸魚川直祐(武庫川女子大学長)
西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター)
研究発表 第1部 10:30-12:00
東アジアにおける洋装・洋裁文化の受容と葛藤
発表者 横川公子(武庫川女子大学教授)
指定討論者 森田雅子(武庫川女子大学准教授)
中古音韻尾の韓日漢字音の反映比較
発表者 禹燦三(韓南大学校教授)
指定討論者 柴田清継(武庫川女子大学教授)
研究発表 第2部 13:30-17:00
朝鮮使節が見た大都会としての大坂の明暗
発表者 崔博光(山東大学教授)
指定討論者 西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター長)
明治期東亜文化交流の一側面―漢詩人水越耕南の交友を中心に―
発表者 蒋海波(武庫川女子大学非常勤講師)
指定討論者 鷲原知良(仏教大学非常勤講師)
石川啄木と宮沢賢治の朝鮮認識
発表者 尹明老(韓南大学校教授)
指定討論者 辰巳都志(武庫川女子大学教授)
梁啓超の日本亡命と西欧文明の受容
発表者 牛林杰(山東大学教授)
指定討論者 蒋海波(武庫川女子大学非常勤講師)
2008年9月20日(土)9:30-17:00
研究発表 第3部 9:30-12:00
比較語彙論的方法による日韓語彙の比較
発表者 申玟澈(韓南大学校教授)
指定討論者 柴田清継(武庫川女子大学教授)
漢文はどのように教えられているか―日本の中等教育とアメリカの入門教育―
発表者 佐藤勝之(武庫川女子大学准教授)
指定討論者 柴田清継(武庫川女子大学教授)
東アジア三国と山東半島の地政学的考察
発表者 劉宝全(山東大学教授)
指定討論者 柴田陽一(京都大学大学院)
記念講演 13:30-14:30
東アジア各国文学史の草創期
豊福健二(武庫川女子大学教授)
研究発表 第4部 14:45-16:15
『源氏物語』の場面設定と和歌表現
発表者 裵貞烈(韓南大学校教授)
指定討論者 廣瀬唯二(武庫川女子大学教授)
『日本書紀』にみる中国および古代朝鮮史料からの引用と利用
発表者 毛利正守(武庫川女子大学教授)
指定討論者 西崎亨(武庫川女子大学教授)
総合討論 16:30-17:00
崔博光(山東大学教授)
尹明老(韓南大学校教授)
西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター長)
挨拶 西島孜哉(武庫川女子大学関西文化研究センター長)

topへ
第5回国際学術交流フォーラム  終了しました

東アジアにおける文化交流の諸相
-さらなる相互理解と友好のために-
2008年2月29日(金)9時~17時
会場:中国・山東大学


基調講演「前近代東アジアの交流と文化的波張」
山東大学教授 崔博光
司会 武庫川女子大学教授 中谷彪
挨拶  武庫川女子大学関西文化研究センター長 西島孜哉
研究発表
古代日本語における文体形成-中国少数民族のナシ語との比較を通して-
発表者 武庫川女子大学教授 毛利正守
指定討論者 武庫川女子大学教授 柴田清継
壬辰倭乱と明・日・朝の社会変遷
発表者 山東大学教授 劉宝全
指定討論者 武庫川女子大学教授 管宗次
西鶴作品にみられる中国説話
発表者 武庫川女子大学教授 西島孜哉・同講師 羽生紀子
指定討論者 山東大学教授 金哲
中井竹山筆、朝鮮国朴同知漢斎書「明和壬辰之秋応白木舗需書」について
発表者 武庫川女子大学教授 管宗次
指定討論者 山東大学教授 崔博光
松崎鶴雄と中国の碩学たち
発表者 武庫川女子大学教授 柴田清継
指定討論者 山東大学教授 牛林杰
梁啓超と東アジア知識人たち
発表者 山東大学教授 牛林杰
指定討論者 山東大学教授 李学堂
総括、閉会の挨拶
           山東大学教授 崔博光
           武庫川女子大学関西文化研究センター長 西島孜哉

topへ
4回国際学術交流フォーラム  終了しました

人間文化のあり方
―日中の人々は何をどのように大切にしているのか―

2007年12月1日(土)13時30分~17時30分
会場:中国・西安交通大学

1.西北地方における人間の生き方―「生と死」や未来への憧れ―
発表者 霍士富(西安交通大学教授)
指定討論者 西島孜哉(武庫川女子大学教授)
2.中国人のスポーツ理念
発表者 王精誠(西安交通大学教授)
指定討論者 管宗次(武庫川女子大学教授)
3.老人信仰問題への一考察
発表者 張長安(西安交通大学講師)
指定討論者 毛利正守(武庫川女子大学教授)
4.松崎鶴雄(1867-1949)と中国
発表者 柴田清継(武庫川女子大学教授)
指定討論者 劉建強(西安外国語学院教授)
5.大阪の人々の拠り所―大阪の歴史からみて―
発表者 西島孜哉(武庫川女子大学教授)
羽生紀子(武庫川女子大学講師)
指定討論者 金中(西安交通大学助教授)
6.日本の中等教育における漢文法―アメリカの入門教育と比較して―
発表者 佐藤勝之(武庫川女子大学准教授)
指定討論者 趙鋼(西安交通大学教授)
topへ
3回国際学術交流フォーラム  終了しました

Retrospect and Prospect of Education
in Korea and Japan

2006年11月17日(金)13時00分~17時30分
会場:韓国・Ewha Womans University(梨花女子大学) Education Building B151


13:00~13:30 Registration
13:30~14:10 Opening Ceremony
Chair: Kim, Young Soo Prpfessor, EWU
Welcoming Address
Joo, Young Ju Dean, College of Education, EWU
Keynote Speech
Nishijima Atsuya(西島孜哉) Directer, Mukogawa Kansai Culture Research Center, MWU
14:10~15:10 Session 1
Chair: Shibata Kiyotsugu(柴田清継) Proffesor, MWU
Past, Present and Future of Korean Elementary Education
Cho, Yun Soon Proffesor, EWU
The Light and Shadow of Japanese Education -Retrospect and Prospest
Nakatani Kaoru(中谷彪) Proffesor, MWU
15:20~15:30 Coffee Break
15:30~16:30 Session 2
Chair: Kim, Anna Directer, Ewa Educational Research Institute, EWU
The Light and Shadow of Japanese Education -The Collapse and Prospect of Family and Community Educative Forces
Nishimoto Nozomu (西本望) Proffesor, MWU
Achievements and Challenges of Korean Education
Cho, Kyung Won Proffesor, EWU
16:40~17:30 Discussions
Kim Sung Won Dean, Graduate School of Education, EWU
Nishizaki Toru(西崎亨) Proffesor, MWU
Kim Kyung Ja Proffesor, EWU
Suga Shuji(管宗次) Proffesor, MWU
15:30~18:30 Reception (Emma Hall, Education Building B)

topへ
2回国際学術交流フォーラム  終了しました

人間文化の諸相と東アジア
-異文化とは何か-

2005年9月12日(月)13時30分~17時30分
会場:韓国・韓南大学校文科大学階段講義室(40101)


13:30~15:30
座長: 禹燦三 (韓南大学校教授)
朝鮮通信使-日本における資料-
管宗次(武庫川女子大学教授)
三神山在日東説と韓国の文人
柴田清継(武庫川女子大学教授)
金如鐵、日本名脇田直賢という人物
崔官 (高麗大学校教授)
西鶴の世界観-女護島と纐纈城-
西島孜哉(関西文化研究センター長)
羽生紀子(武庫川女子大学専任講師)

16:00~17:30
座長: 朴昌基 (全北大学校教授)
源氏物語の教育観
裵貞烈 (韓南大学校教授)
出土文字資料と古代朝鮮文字文化
西崎亨 (武庫川女子大学教授)
言語と文化との関係性
安增煥 (韓南大学校教授)

第1回国際学術交流フォーラム  終了しました

中国と日本
-関西文化の共通性と創造性-

2005年3月7日(月)13時30分~
会場:中国・大連理工大学


司会:李篠平(大連理工大学副教授)/孟慶栄(大連理工大学副教授)
1. 西鶴の創造世界-「仕出し」という新機軸-
西島孜哉(関西文化研究センター長)
羽生紀子(武庫川女子大学専任講師)
2. 子育ての普遍性と固有性-日本・欧米・中国の子育て-
中谷彪(武庫川女子大学教授)
本玉元(武庫川女子大学助教授)
3. 関西で育ち生まれた日本酒
大杉匡弘(武庫川女子大学教授)
松井徳光(武庫川女子大学助教授)
4. 関西の粉文化
高橋享子(武庫川女子大学助教授)
5. 大陸文化の摂取-『論語』の受容を例に-
西崎亨(武庫川女子大学教授)
6. 中国文学の平安女流文学への影響
増田繁夫(武庫川女子大学教授)
7. 和歌の中国語翻訳-森文庫所蔵『華倭合珠百人一首』を読む-
杜 鳳剛(大連理工大学教授)

topへ



MKCRフォーラム
〔2004〕
第1回MKCRフォーラム  終了しました

フォーラム・関西食文化
  -伝承と創造の食ビジネス-

 伝承料理は、地域の時空間のなかで得られる素材、技術、嗜好性から原型が生み出され、さらに時とともに淘汰され、洗練されて形成されてきた。いま私たちが知る伝承料理は、過去の人々の知恵を活かして、新しい担い手が新ビジネスとして創り出したものである。
 本フォーラムでは、現在の関西における食の現場で、どのような動機により、どのような試行錯誤が行われて、そして新たな伝承料理が生み出されようとしているのかを明らかにしたい。食文化の形成をマスメディアの観点からの基調講演と、さまざまなバックグラウンドを持つパネリストによるワークショップを通して考える。

日時:2004年10月24日(日)午後1時~3時
基調講演:午後1時~午後1時40分
ワークショップ:午後1時40分~午後3時
会場:武庫川女子大学中央キャンパス
マルチメディア館723号室(MM723)

一般の方も自由にご入場いただけます


○基調講演:

「街は生きている
 ~自然体の"街の食堂"、カフェ&ダイニングと女性たちの街的生活」


       嶋田 武司(関西食ビジネス研究会事務局長)



○ワークショップ

   「伝承と創造の食ビジネス」

 パネリスト
    鷲尾圭司(京都精華大学人文学部教授)
    嶋田武司(関西食ビジネス研究会事務局長)
    佐藤健司(京都府立大学人間環境学部助教授)
    中村英輔(がんこフードサービス 商品本部長)
    入江美穂(北堀江・Cafe ABSINTHE 経営)
    百  寿(北堀江・和食ダイニング百寿 経営)
    土井裕司(武庫川女子大学生活環境学部助教授)
    高橋享子(武庫川女子大学生活環境学部助教授)
 
 
 
第2回MKCRフォーラム 終了しました

フォーラム・関西ことばと文化
-関西流コミュニケーションの世界-

 関西のことばや関西人の言語活動を通して、関西流コミュニケーションの特徴を考えます。
2004年11月13日(土)
午後1時30分~4時
武庫川女子大学中央キャンパス
LⅡ-11教室
教職員、学生、一般 参加自由

一般の方も自由にご入場いただけます
パネリスト
荻田 清(梅花女子大学教授)
彭  飛(京都外国語大学教授)
藤本憲一(武庫川女子大学助教授)


司会
佐竹秀雄(武庫川女子大学教授)


主催・武庫川女子大学
共催・武庫川女子大学国文学会
〒663-8558 兵庫県西宮市池開町6-46
 武庫川女子大学文学部日本語日本文学科
Phone & Fax: 0798-45-9702(日本語日本文学科準備室)
 
 
 
第3回MKCRフォーラム 終了しました

フォーラム・関西子育て事情
―関西流子育ての「ルーツ」と「いま」を探る―

 関西風子育てには歴史と伝統がありました。
その受け継がれた教育思想から、関西圏の人間文化形成の特質を明らかにします。
2004年12月11日(土)
午後3時~5時
武庫川女子大学中央キャンパス
E-201教室
来聴歓迎・申込不要

一般の方も自由にご入場いただけます
[報告I]日本における子育て思想の歴史的考察
 中谷 彪(武庫川女子大学教授)

[報告II]各世代の子どもの見方・考え方
―K市における聞き取り調査を中心に―
西本 望(武庫川女子大学教授)
本玉 元(武庫川女子大学短期大学部助教授)
鈴木昌代(県立富山西高等学校教諭)

 
 
 
第4回MKCRフォーラム  終了しました

フォーラム・平安京の内と外
―西国とのボーダーライン―

 昔はどこまでが都・関西圏だったのでしょうか。
『伊勢物語』や『源氏物語』を読み解きながら、都人のエリア意識を探ります。
2005年1月29日(土)
午後1時30分~4時
武庫川女子大学中央キャンパス
E-201教室
来聴歓迎・申込不要

一般の方も自由にご入場いただけます
〔基調報告〕
須磨-畿内と畿外との境界-  広瀬唯二(武庫川女子大学教授)
芥川-平安京の周縁- 徳原茂実(武庫川女子大学教授)
淀河の舟旅 増田繁夫(武庫川女子大学教授)

〔パネルディスカッション〕
都から須磨まで
司会 寺島修一(武庫川女子大学助教授)
パネリスト
広瀬唯二/徳原茂実/増田繁夫
 
 
 
第5回MKCRフォーラム  終了しました

フォーラム・関西の都市文化
-大山崎の文雅とネットワークの形成-

 
2005年2月19日(土)
午後2時~4時
武庫川女子大学中央キャンパス
E-201教室
来聴歓迎・申込不要

一般の方も自由にご入場いただけます
〔基調報告〕
大山崎神官家 学芸と文雅 管 宗次(武庫川女子大学教授)

〔パネルディスカッション〕近郊都市の文化形成
(司会) 鷲原 知良(佛教大学講師)
(パネリスト)
福島 克彦(大山崎歴史資料館学芸員)
古西 義麿(橋本まちかど博物館館長)
木村 誠一(大山崎文化協会会員)

 
 
 
 
topへ

 
 
Home

 

Copyright(C) 2004-2006 MUKOGAWA Kansai Culture Research Center. All Rights Reserved.