関西洋裁文化玉手箱

ごあいさつ

「洋裁文化」と聞いて何をイメージされますか?

おしゃべりしながらちくちくと針を動かした甘い思い出。
パリのオートクチュールの技術にふれて、思わずもれた驚嘆のためいき。
生活する手段として洋裁技術を磨いた日々。
手作りのブラウスに腕を通す子どもの笑顔。

洋裁文化の担い手の数だけそのイメージはあります。
武庫川女子大学関西文化研究センターが推進するMKCRプロジェクトの中のサブ・プロジェクトd6では、関西におけるファッション文化の形成を探るため、洋裁文化に関する調査・研究をすすめてまいりました。この「関西洋裁文化玉手箱」では、関西における洋裁文化の一端をご紹介いたします。
洋装黎明期の洋装雛形、オートクチュールデザイナーによる華麗な作品、洋裁学校に残された貴重な資料など、どの資料からも、洋裁文化に費やした膨大な時間と熱い志を感じることが出来ます。

洋裁学校やオートクチュールデザイナーのみならず、若い女性や家庭の主婦まで全国的に巻き込んで形成された洋裁文化。関西地域における洋裁文化はまるで玉手箱のように、さまざまな顔を見せます。この展示がその魅力に触れる一端となれば幸いです。

この展示の開催に当たり、貴重な資料及び作品を快くご出品いただいた機関・所蔵者ならびに多大なご協力を賜りました関係者の皆様に、心より御礼を申し上げます。

   平成19年6月吉日

横川公子
サブ・プロジェクトd6リーダー

洋裁サロン 展示風景01

洋裁サロン 展示風景02

概要

会期:2007年6月20日(水)〜7月3日(火)
会場:武庫川女子大学ギャラリー
主催:武庫川女子大学関西文化研究センター
共催:武庫川女子大学資料館

展示協力者・協力機関
相川佳代子
今竹 翠
上北 長子
徳山 多美
原田 和枝
林 八千木
森本 由香
山口 比呂
上田安子服飾専門学校  
大阪大谷大学短期大学部生活創造学科
大丸クリエーターズアカデミー・ディーズファッション専門学校
東京田中千代服飾専門学校
西宮市大谷記念美術館
(敬称略 五十音順)

上記の方々以外にも、インタビューや資料調査の際には、多くの方々にお世話になりました。厚く御礼申し上げます

展示担当

サブ・プロジェクトd6
「関西におけるファッション(衣)文化の形成
―裁縫習得及び衣服作りに関する事例発掘を通して―」

リーダー
横川 公子(武庫川女子大学生活環境学部生活環境学科教授)
研究分担者
森 理恵(京都府立大学人間環境学部准教授)
松本 由香(高知女子大学生活科学部准教授)
山本 泉(武庫川女子大学生活環境学部生活環境学科専任講師)
原田 純子(神戸ファッション造形大学ファッション造形学部専任講師)
村田 裕子(大阪大谷大学短期大学部生活創造学科専任講師)
井上 雅人(京都精華大学人文学部専任講師)
青木 美保子(神戸ファッション造形大学ファッション造形学部専任講師)
徳山 孝子(聖母女学院短期大学非常勤講師)
平光 睦子(神戸芸術工科大学非常勤講師)
酒野 晶子(大阪樟蔭女子大学非常勤講師)
松井 寿(愛媛県歴史文化博物館学芸員)